ユーロスペース
Link English
上映中作品 近日公開作品 タイムテーブル 過去の上映作品 劇場案内/会員制度のご紹介
program
eurospace2
モバイルハウスのつくりかた
モバイルハウスのつくりかた
監督:本田孝義
出演:坂口恭平、鈴木正三、船越ロビンソン、隈研吾、磯部涼
2011年/日本/HD/98分
配給=戸山創作所、スリーピン
→公式サイト
携帯に登録する
■プレゼントのお知らせ

9:50からのモーニングショーに御来場の方、各日先着15名様に坂口恭平画・“モバイルハウス・イラストポストカード”(非売品)をプレゼント!

■トークショーが決定いたしました!

7月6日(金)21:00の回上映後 トーク
ゲスト:藤村龍至さん(建築家)、本田孝義監督

7月15日(日)21:00の回上映後 トーク
ゲスト:五十嵐太郎さん(建築評論家)、本田孝義監督

■坂口恭平監督作品『多摩川文明』上映!

7月7日(土)、14日(土)本編上映前
坂口恭平さんの幻の監督作品『多摩川文明』(30分)をおまけ上映します。

■初日舞台挨拶が決定いたしました!

6月30日(土)上映前
ゲスト:坂口恭平さん、本田孝義監督
あなたも家が建てられます
家賃ゼロ、敷金ゼロ、ローンゼロ、ほんの少しの材料と太陽光で現代に暮らす

「0円ハウス」「ゼロから始める都市型狩猟採集生活」
“ゼロハンター”で知られる建てない建築家、坂口恭平初のドキュメンタリー

坂口恭平さんと一緒に 家のことを考える 住むことを考える 生きることを考える
「建てない」建築家がいる。―名前は坂口恭平。
「0円ハウス」「ゼロから始める都市型狩猟採集生活」といった著作で現代のライフスタイルに問いを投げかけ、故郷の熊本につくった“ゼロハンター”で新しい生き方を模索する。
坂口さんは早稲田大学建築科在学中に路上生活者の家と出会い、家について、都市について、生活について根本的に考えることを始めた。なぜ、建築家は巨大な建築物を建てるのだろう?なぜ、私たちは身の丈に合った巣のような家を建てることが出来ないのだろう?数々の著作で路上生活者の生活をレポートしてきた坂口さんは、2010年11月、ついに初の建築作品“モバイルハウス”の製作にとりかかる。

僕の先生は多摩川のロビンソンクルーソー
坂口さんを手ほどきする「師匠」は多摩川の河川敷に長年暮らす“多摩川のロビンソンクルーソー”。材料はホームセンターで購入。しめて製作費26,000円。2畳の家に移動用のかわいい車輪付き。師匠の叱咤激励を受けてようやく完成、設置場所は吉祥寺の駐車場。多摩川から設置場所の吉祥寺に移動という前日、東日本大震災が起こった…。
住むとは?暮らすとは?生きるとは?
ここは私たちが生きていくためのヒントがいっぱい詰まっています。

監督・撮影・編集:本田孝義/整音:米山靖/音楽:あらかじめ決められた恋人たちへ「calling」/製作:戸山創作所/配給:戸山創作所、スリーピン
【入場料金】
一般1700円/大学・専門学校1400円/会員・シニア1200円/高校生800円/中学生以下500円
*建築学科の学生は学生証の提示で1200円
*坂口恭平さんの著作本ご持参で1400円
タイムテーブル
劇場:ユーロスペース2
期間:2012/06/30-2012/07/27
2014/10
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

上映時間:21:00〜22:45

*7月7日(土)、8日(日)、14日(土)、15日(日)、16日(月)、21日(土)、22日(日)は朝9:50の回もあり。

 

配給作品
製作/ProductionService
通信販売
news
2014.09.29
特集上映 渡辺護レトロスペクティブ」の情報を追加致しました。
2014.09.29
色道四十八手 たからぶね」の情報を追加致しました。
2014.09.25
茜色クラリネット」の情報を追加致しました。
2014.09.25
おやじ男優Z」の情報を追加致しました。
2014.09.25
やさしい人」の情報を追加致しました。
2014.09.01
人事募集終了のお知らせ」を追加いたしました。
2014.03.27
入場料金および会員制度改定のお知らせ」を掲載いたしました。
RSSFEED
theater guide
theater guide
施設概要
top of page
上映中作品 | 近日公開作品 | タイムテーブル | 過去の上映作品 | 劇場案内/会員制度のご紹介 | 通信販売 | 配給作品 | 製作
Copyright EUROSPACE