ユーロスペース
Link English
上映中作品 近日公開作品 タイムテーブル 過去の上映作品 劇場案内/会員制度のご紹介
program
eurospace2
特集上映「カウリスマキのあかり」
特集上映「カウリスマキのあかり」
配給=ユーロスペース
携帯に登録する
『街のあかり』公開記念!
処女作『罪と罰』から大ヒット作『過去のない男』まで、全19作品一挙上映!

■上映作品

A:『罪と罰』
1983年/フィンランド/カラー/35mm/93分
製作:ミカ・カウリスマキ/脚本:アキ・カウリスマキ/撮影:ティモ・サルミネン
出演:マルック・トイッカ、アイノ・セイッポ、エスコ・ニッカリ、マッティ・ペロンパー

ヒッチコックが著作『映画術』の中で「ドフトエフスキーの小説の映画化は、絶対にやることはない」と書いたのに触発され、「それならオレがやる」と名作「罪と罰」に挑んだ
アキ・カウリスマキの野心漲る驚異の長篇デビュー作。食肉解体工場に勤める青年ライヒカイネンが、恋人をひき逃げした男を射殺した。現場で目撃していたケータリング業者のエヴァは警察での証言を偽り、二人の間に次第に奇妙な共犯関係が生まれていく。ヘルシンキに場所を置き換え、ヒッチコックが「ひとことも削除できない」と言った原作の核心を大胆にすくいとって、殺人者ラスコーリニコフ=ライヒカイネンの葛藤を、台詞を抑え、画面と描写の力で描き出す。

B:『カラマリ・ユニオン』
1985年/フィンランド/モノクロ/35mm/80分
製作・脚本:アキ・カウリスマキ/撮影:ティモ・サルミネン
出演:マッティ・ペロンパー、プンティ・ヴァルトネン、サッケ・ヤルヴェンパー

「イカ墨同盟」(カラマリ・ユニオン)の15人の仲間たちが町を出て、町の反対側にあるという希望の地、エイラへと向かおうと決起する。15人の名がすべてフランクだったり、深夜に無人の地下鉄を強奪して駅に着いたとたん、1人が車掌に殺されたりと、謎だらけのまま事態は唐突に展開する。遊び心とユーモア、毒気が交じり合い、かなり人を食ったこの第2作では、デビュー作とはまた違ったもう一つのアキの側面「真面目な顔で冗談を言う」資質が存分に発揮されている。なお、後のレニングラード・カウボーイズのメンバー、サッケ、マト、サカリもフランクとして登場し、劇中ではその演奏も披露している。

C:『パラダイスの夕暮れ』
1986年/フィンランド/カラー/35mm/75分
製作:ミカ・カウリスマキ/脚本:アキ・カウリスマキ/撮影:ティモ・サルミネン
出演:マッティ・ペロンパー、カティ・オウティネン、サカリ・クオスマネン、エスコ・ニッカリ

<労働者3部作>の第1作目。マッティ・ペロンパー、カティ・オウティネンという、アキ映画を支えることになる二人が初めて主役を演じた、悲哀に満ちた恋の物語。ゴミ収集人のニカンデルは年置いた同僚の死に直面し、スーパーのレジ係、イロナをデートに誘うが失敗してしまう。一方イロナは理由もなく突然職場をクビになり、会社の金を持ち逃げしてしまった…。現実の厳しさに洗われ、ぎくしゃくと進展する恋の行方を、シンプルな描写で見つめていく初期の傑作。ヘルシンキの街の朝の光や、夜のアパートの一室を捉える見事な撮影、挿入音楽の歌詞が醸し出す情感が、深い余韻を残す。カンヌ国際映画監督週間・東京国際映画祭出品。

D:『ハムレット・ゴーズ・ビジネス』
1987年/フィンランド/モノクロ/35mm/86分
製作・脚本:アキ・カウリスマキ/撮影:ティモ・サルミネン
出演:ピルッカ=ペッカ・ペテリウス、カティ・オウティネン、エリナ・サロ

長篇4作目、今度はシェークスピアの悲劇「ハムレット」に挑んだアキは、陰謀、毒殺、父の亡霊、オフェリアの水死といった骨子を残しながら、舞台を現代にハムレットを王子ではなく製材所・造船所をもつ社長の息子に仕立て上げる。重役のクラウスは社長夫人ガートルードと結婚、反発するハムレットをよそに、自らの私欲のため造船所を売り飛ばすと言い出す…。緊張感に満ちたモノクロ画面の中、ラストには原作にはない驚くべき結末が用意され、人間の計り知れない暗部が口を開ける。

E:『真夜中の虹』
1988年/フィンランド/カラー/35mm/73分
製作・脚本:アキ・カウリスマキ/撮影:ティモ・サルミネン
出演:トゥロ・パヤラ、マッティ・ペロンパー、スサンナ・ハーヴィスト、エートゥ・ヒルカモ

<労働者3部作>の2作目は、不幸に見舞われ続ける男の物語であり、後の<敗者3部作>第2作『過去のない男』の原点とも言える作品。ラップランドの炭鉱夫カスリネンは、鉱山の閉鎖、ともに鉱夫をしていた父の自殺に直面し、彼の残したオープンカーと有り金をすべて持って南へと向かう。だが、暴漢たちに金を奪われ、日雇い労働で食いつなぐ日々に。1人の女性と出会って掴んだ幸せも束の間、暴漢を見つけてした仕返しが、今度は彼を刑務所へ追いやるハメに…。フェード・アウトで繋がれる不幸な出来事の連鎖に、ふと挟まれるユーモア。ラストにフィンランド語で流れる≪虹の彼方に≫が見る者の胸にしみる。ベルリン国際映画祭出品。

F:『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』
1989年/フィンランド+スウェーデン/カラー/35mm/79分
脚本:サッケ・ヤルヴェンパー、アキ・カウリスマキ、マト・ヴァルトネン/撮影:ティモ・サルミネン
出演:マッティ・ペロンパー、カリ・ヴァーナネン、サッケ・ヤルヴェンパー、サカリ・クオスマネン、ジム・ジャームッシュ

極寒のツンドラ地帯で活動する、恐ろしく長いリーゼント、サングラス、つま先の尖ったブーツでキメた「売れないバンド」レニングラード・カウボーイズ。彼らはプロモーターの勧めで仕事を求め、屋外で凍死したメンバーを棺桶ごと引き連れて、一路ニューヨークへと向かう。だが、オーディションでポルカの演奏を聴いた男は、「メキシコへ行け」と彼らに告げた…。実在のバンド「スリーピー・スリーパーズ」はこの映画をきっかけに「レニングラード・カウボーイズ」と改名した。楽曲の面白さ、散りばめられた笑いも見どころの、可笑しくも悲しいロード・ムービー。

G:『マッチ工場の少女』
1990年/フィンランド+スウェーデン/カラー/35mm/70分
脚本:アキ・カウリスマキ/撮影:ティモ・サルミネン
出演:カティ・オウティネン、エリナ・サロ、エスコ・ニッカリ、ヴェサ・ヴィエリッコ、シル・セッパラ、レイヨ・タイパレ

カティ・オウティネン演じるサエない少女が主人公の<労働者3部作>の最終章。マッチ工場に勤め、母とその愛人を養うイリスは、身なりも地味でダンス・パーティーで踊りの声も掛からない。意を決して給料日にドレスを買うも、母の愛人には「売春婦」となじられ、そのドレスで出かけたディスコで男と出会って幸せを手に入れたのも束の間、遊びだったと告げられる。台詞をほとんど用いず、画面の連鎖でイリスの不幸な境遇を浮かび上がらせる演出は、<敗者3部作>の3作目である最新作『街のあかり』に受け継がれている。洗練と毒の極まった代表作の1本。ベルリン国際映画祭出品。

H:『コントラクト・キラー』
1990年/フィンランド+イギリス+ドイツ+スウェーデン/カラー/35mm/80分
製作・脚本:アキ・カウリスマキ/撮影:ティモ・サルミネン
出演:ジャン=ピエール・レオー、マージ・クラーク、ケネス・コリー、セルジュ・レジアニ、ジョー・ストラマー

ジャン=ピエール・レオーを主役に迎えたアキが、「イーリング・コメディ」のスタイルを取り入れつつ、スタジオではなくロンドン・ロケに挑んだ作品。フランスに居場所をなくし、ロンドンの水道局で働くアンリは、ある日突然解雇を言い渡され、絶望して自殺を図るが失敗してしまう。新聞記事で「契約殺人」(コントラクト・キラー)の存在を知った彼は、自らの殺しを依頼。だがその直後、花売り娘マーガレットと初めての恋に落ち、アンリは殺し屋から逃げ続けるハメになる。アキが生涯のベストに挙げる『肉体の冠』(ジャック・ベッケル監督)のセルジュ・レジアニも出演するなど、過去の映画への敬意と愛情が満ち溢れている。ヴェネチア国際映画祭出品。

I:『ラヴィ・ド・ボエーム』
1992年/フランス+イタリア+スウェーデン+フィンランド/モノクロ/35mm/100分
製作・脚本:アキ・カウリスマキ/撮影:ティモ・サルミネン
出演:マッティ・ペロンパー、イヴリス・ディディ、アンドレ・ウィルムス、ジャン=ピエール・レオー、サミュエル・フラー、ルイ・マル

企画から15年、アンリ・ミュルジェールの小説「ボヘミアンの生活の情景」を原作に50年代から80年代のいつか、という寓話的な設定に変え、パリで撮り上げた念願の作品。戯曲が出版社に取り合ってもらえない作家のマルセルは、金がなく家賃滞納でアパルトマンの退去命令が出ていた。レストランでアルバニア人の画家ロドルフォと出会い、2人で部屋に帰ってくると、そこには次の住人、音楽家のショナールがピアノを持ち込み弾いていた。貧しい芸術家3人が出会って結んだ友情、仕事、恋を、アキは静かに、叙情を込めて描き上げる。特に後半、幸福なピクニックのシーンと、一転して訪れるロドルフォの恋の結末は胸を締め付けずにおかない。ベルリン国際映画祭批評家賞受賞。

J:『レニングラード・カウボーイズ、モーゼに会う』
1994年/フランス+イタリア+スウェーデン+フィンランド/カラー/35mm/94分
製作・脚本:アキ・カウリスマキ/原案:サッケ・ヤルヴェンパー、アキ・カウリスマキ、マト・ヴァルトネン/撮影:ティモ・サルミネン
出演:トゥイスト・トゥイスト、ベン・グランフェルト、サッケ・ヤルヴェンパー

『ゴー・アメリカ』続篇のベースは、なんと旧約聖書。アキいわく「旧約は最悪だから、ジョークのネタにしようと思った。」メキシコの地で一度はスターとなったレニングラード・カウボーイズも、テキーラの飲みすぎで死者が続出、マネージャーのウラジミールは失踪し、メンバー5人だけが残された。差出人不明の依頼で、ある日ニューヨークへと向かった彼らは、ウラジミールの生まれ変わりという男、モーゼに出会う。彼の命令で故郷シベリアを目指し旅することになった一行だが、モーゼのせいで彼らはCIAから追われることに…。途中でメンバーも10人に増強、フランスからヨーロッパを多彩な演奏とともに横断する、荒唐無稽にしてメランコリックな痛快作。

K:『愛しのタチアナ』
1994年/フィンランド/モノクロ/35mm/62分
製作:アキ・カウリスマキ/脚本:アキ・カウリスマキ、サッケ・ヤルヴェンパー/撮影:ティモ・サルミネン
出演:カティ・オウティネン、マッティ・ペロンパー、キルシ・テュッキュライネン

『マッチ工場の少女』以来久々にフィンランドで撮られ、常連キャストが顔を揃えた愛すべき小品。母親に煙草を吸っては叱られ、コーヒーが切れていても「明日」とすげなくされる仕立屋のヴァルト。カッとなってクローゼットに母親を閉じ込め金を持ち出した彼は、修理した車の試運転に修理工のレイノを乗せ、道すがらバーへ向かう。店の前で立ち往生していたバスの乗客、ロシア女性クラウディア、エストニア女性タチアナに「港まで送ってほしい」と声を掛けられた彼らは、この願いを引き受けた。数日にわたる車での旅は、無口な男たちと、彼らを呆れながらも微笑ましく見つめる女たちの距離を、ゆっくり近づけていく。カンヌ国際映画祭監督週間・京都国際映画祭出品。

L:『浮き雲』
1996年/フィンランド/カラー/35mm/96分
製作・脚本:アキ・カウリスマキ/撮影:ティモ・サルミネン
出演:カティ・オウティネン、カリ・ヴァーナネン、エリナ・サロ

『過去のない男』そして『街のあかり』へと続く<敗者3部作>の第1作。フィンランドの失業の深刻化を受け止め、「映画にできることは希望を与えること」と、物語を「ハッピーエンドで締めくくることを考えた」アキ。これまでの作風にますます磨きを掛け、より深い人間的な温かみを刻み込んでいる。ヘルシンキの名門レストランの給士長イロナと、路面電車の運転手ラウリは仲のよい夫婦。慎ましい生活を送っていた2人だが、ラウリはリストラ、イロナは閉店で時を前後して失業してしまう。それぞれ見つかった職も上手くいかず災難が続く中、イロナは意を決し夫と新しいレストランをオープンする計画を立てる…。カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品。

M:『白い花びら』
1999年/フィンランド/モノクロ/音楽付きサイレント/35mm/78分
製作・脚本:アキ・カウリスマキ/撮影:ティモ・サルミネン/音楽:アンシ・ティカンマキ
出演:サカリ・クオスマネン、カティ・オウティネン、アンドレ・ウィルムス、エリナ・サロ

フィンランドの国民的作家ユハニ・アホの同名小説で、北欧では過去3度も映画化されている名作に、音楽付きサイレントの形で挑み撮り上げた冒険作。農業と牧畜を営み、仲睦まじく暮らすユハとマルヤの夫婦。人の良いユハは、都会からの移動中に故障で車を止めたシェイメッカの修理を引き受ける。だがシェイメッカはユハと年の離れたマルヤに目をつけ、ユハを捨てて都会へ出ないかと誘いかけた…。古典的な三角関係のメロドラマを、サイレントの持つ効果とモノクロの画面でさらに寓話的な印象に包みながら、人間の弱さと許しを見つめ、その悲劇性を鮮やかに浮き彫りにする。30日には澤登翠氏の活弁付きで特別上映。ベルリン国際映画祭フォーラム部門出品。

N:『過去のない男』
2002年/フィンランド/カラー/35mm/97分
製作・脚本:アキ・カウリスマキ/撮影:ティモ・サルミネン
出演:マルック・ペルトラ、カティ・オウティネン、ユハニ・ニエミラ、アンニッキ・タハティ、タハティ

ヘルシンキに流れ着いたひとりの男。しかし彼は暴漢に襲われ瀕死の重傷を負い、一命をとりとめるも、過去のすべての記憶を失ってしまう。過去を失った男は絶望の淵でささやかな人生をひとコマずつ重ねていく中で、イルマという女性と出会う。それは男にとっては初めての、あたたかで満ち足りた思いとなって、人生をやわらかく包み込むのだった…。<敗者3部作>第2作である本作は、ミニマルかつ叙情的、ユーモラスで牧歌的でありながらも人生の苦渋を浮かび上がらせカンヌ国際映画祭でグランプリと主演女優賞を見事ダブル受賞。日本でも大ヒットしたカウリスマキの代表作。

O:<アキ・カウリスマキ・ミーツ・ロケンロール>

『トータル・バラライカ・ショー』
1993年/フィンランド/カラー/35mm/55分
製作:アキ・カウリスマキ/撮影:ティモ・サルミネン/出演:レニングラード・カウボーイズ、レッド・アーミー・アンサンブル
冷戦直後の1993年6月、ヘルシンキで行われた、レニングラード・カウボーイズと旧ソ連退役軍人らで結成されたレッド・アーミー・アンサンブルとの合同コンサートを捉えたライブ・フィルム。7万人を動員し、シベリウスの≪フィンランディア≫から≪ヴォルガの舟歌≫、レッド・ツェッペリンの≪天国の階段≫まで、古今東西の楽曲を驚くようなアレンジで次々と演奏していく、圧巻と感動の55分。

『ロッキーY』
1986年/フィンランド/モノクロ/35mm/8分
製作:アキ・カウリスマキ/撮影:ティモ・サルミネン/出演:シル・セッパラ、サカリ・クオスマネン、ヘイナシルッカ
86年、スリーピー・スリーパーズ&レニングラード・カウボーイズ名義でリリースしたアルバムの楽曲とメンバーの出演による、シルヴェスター・スタローンの『ロッキー』のパロディ。小さく痩せたアメリカ人ボクサーと体格のいいロシア人ボクサーがそれぞれ筋トレと減量を経て、ヘルシンキで対戦する。

『ワイヤーを通して』
1987年/フィンランド/モノクロ/6分
製作:アキ・カウリスマキ/撮影:ティモ・サルミネン/音楽:レニングラード・カウボーイズ/出演:ニッキー・テスコ、レニングラード・カウボーイズ
アメリカ南部。脱獄囚が夜の町をさまよい、追ってをかいくぐって恋人に再会する。全篇に流れるタイトル曲は、脱獄囚が迷い込んだステージで歌われている。

『悲しき天使』
1991年/フィンランド/モノクロ/6分
製作:アキ・カウリスマキ/撮影:ティモ・サルミネン/音楽:レニングラード・カウボーイズ/出演:レニングラード・カウボーイズ、キルシ・テュッキュライネン
パリの夜。ロバを連れた1人の男がカフェを訪れ、えさを与えようとする。全篇に流れるタイトル曲(ロシア民謡)は、68年にメリー・ホプキンの歌で大ヒットしたもの。店内で演奏され、コーラスにはキルシ・テュッキュライネンが参加する。

『俺(おい)らのペンギン・ブーツ』
1992年/フィンランド/カラー/5分
製作・監督:アキ・カウリスマキ/撮影:ティモ・サルミネン/音楽:レニングラード・カウボーイズ/出演:レニングラード・カウボーイズ、キルシ・テュッキュライネン
ナンシー・シナトラの歌った≪にくい貴方 These Boots Are Made for Walkin’≫のカバー曲に乗せて綴られる、レニングラード・カウボーイズ1952年から69年までの歴史。リーゼントに尖った靴の姿で生まれた赤ん坊が、学校に通い、サウナに入り、酒を覚え、恋をし、結婚する…。

■上映スケジュール

各日 1:00/3:00/5:00/7:00
6/23(土)N/C/E/G
24(日)I/H/K/B
25(月)E/G/B/K
26(火)B/K/I/H
27(水)I/H/K/C
28(木)G/C/H/E
29(金)C/E/L/G
30(土)J/O/F/M(活弁付き特別上映)
7/1(日)D/L/A/N
2(月)M/D/A/J
3(火)N/J/O/F
4(水)J/F/D/L
5(木)F/A/M/休映
6(金)A/M/L/N
*各回入替制

【入場料金】
一般・大学専門学校生1300円/会員・シニア1100円/高校生800円/中学生以下500円

*「街のあかり」前売券をご提示で1000円

*6月30日(土)「白い花びら 活弁付き特別上映」のみ一般1700円/大学専門学校生1400円/会員・シニア1200円

タイムテーブル
劇場:ユーロスペース2
期間:2007/06/23-2007/07/06
2014/09
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

上映時間:1:00/3:00/5:00/7:00

 

監督紹介
1957年フィンランド、オリマティラ生まれ。ヘルシンキの大学ではコミュニケーション論を学ぶ。在学中は大学新聞をひとりで編集するなど、すでに単独者としての片鱗を見せる。そのかたわらフィンランドの代表的な映画雑誌にも盛んに寄稿する。雑誌編集にも積極的に参加し、全ページを別のペンネームで書き分けるなど異才ぶりを発揮。その後、映画評論家としてキャリアをスタートさせるが、評論だけには留まらずシナリオ作家、俳優、助監督など数々の仕事に携わり、1980年兄ミカが監督した中篇「Valehtelija」に俳優として出演。
最初の長篇監督作品は83年のドストエフスキー原作の『罪と罰』である。この作品がフィンランドのオスカーにあたるユッシ賞の第1回最優秀処女作品賞と最優秀脚本賞をダブル受賞し、一躍注目を浴びる。さらに東京国際映画祭ヤング・シネマにも出品された『パラダイスの夕暮れ』(1986年)が、カンヌ映画祭監督週間をはじめ各国の映画祭に招待され世界の映画人の注目を集める。
カウリスマキ兄弟は1981年にゴダールの『アルファヴィル』から命名した映画会社<ヴィレアルファ>を設立、また<センソ・フィルムズ>という配給会社も所有しておりヘルシンキ中心部には<シネマアンドラ>という映画館も運営している。
日本では1990年、フィンランド出身で世界的に人気のあるバンド、レニングラード・カウボーイズの映画『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』で注目され、同じ年『真夜中の虹』『マッチ工場の少女』と立て続けに公開。この年が日本における実質的なカウリスマキ元年となる。
その後は『コントラクト・キラー』『ラ・ヴィ・ド・ボエーム』『愛しのタチアナ』など新作が出るごとに順次公開され、1997年に公開された『浮き雲』がアキ・カウリスマキ・ファンにとどまらず広く一般にもその魅力が受け入れられ大ヒットした。そして20世紀最後のサイレント映画『白い花びら』公開に併せて来日、その際、沢登翠弁士つきのプレミア上映会が行われた。また2002年のカンヌ国際映画祭「ある視点」部門で上映された、世界を代表する7人の監督によるモムニバス映画『10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス』の一篇である『結婚は10分で決める』を監督、『過去のない男』のカンヌ受賞とともに大いに映画祭を盛り上げた。また日本において未公開であった長篇処女作『罪と罰』、そして『カラマリ・ユニオン』が2002年に公開されたことで、すべてのカウリスマキの長篇作品が日本において公開となっている。カウリスマキが生誕50年を迎えた2007年には『街のあかり』が日本で公開。またカンヌ60周年を記念して作られた世界の監督35人による短編集『それぞれのシネマ』にも参加し、短編『鋳造所』を発表した。

配給作品
製作/ProductionService
通信販売
news
2014.09.01
人事募集終了のお知らせ」を追加いたしました。
2014.09.11
HUNGAR Z」の情報を追加致しました。
2014.08.28
女っ気なし ティーチイン付き特別上映」の情報を追加致しました。
2014.08.26
ちちぶ映画祭WEEK」の情報を追加致しました。
2014.08.17
白夜のタンゴ」の情報を追加致しました。
2014.08.11
リルウの冒険」の情報を追加致しました。
2014.03.27
入場料金および会員制度改定のお知らせ」を掲載いたしました。
RSSFEED
theater guide
theater guide
施設概要
top of page
上映中作品 | 近日公開作品 | タイムテーブル | 過去の上映作品 | 劇場案内/会員制度のご紹介 | 通信販売 | 配給作品 | 製作
Copyright EUROSPACE