ユーロスペース

トップページ > サミュエル・フラー連続上映!

サミュエル・フラー連続上映!

2/20(土)~3/4(金) 2週間特集上映

「サミュエル・フラー自伝 私はいかに書き、闘い、映画を作ってきたか」(boid刊)刊行記念

サミュエル・フラー連続上映!

スピルバーグ、ゴダール、ヴェンダース、ジャームッシュ、カウリスマキ、そしてスコセッシなど、世界中の監督たちに慕われたサミュエル・フラー。「アクション映画」「犯罪映画」「戦争映画」「西部劇」といったジャンルのルールを踏襲しつつ、しかし「サミュエル・フラー」としか言い得ない確固たる独自のジャンルを、フラーは作り上げた。犯罪事件記者でもあった彼の経歴がそうさせたのか。ハリウッドの背景に広がる夢の王国=アメリカの、深い陰影からこぼれ出た物語がそこにある。

本初公開となる待望の『チャイナ・ゲイト』、正常と狂気の境界が融解する『ショック集団』、そしてフラー作品の中でも異色作の『裸のキッス』。どれもサミュエル・フラーの映画と言うしかない独自の風貌と、しかしあくまでもこれは絶対に映画であるこれこそが映画だと断言したくなる映画の強さを持った作品たち。誰もがどこかでこのような映画を作りたいと思っているにもかかわらず、フラーでしか実現できなかった正統的かつ歪んだ世界の姿に、わたしたちはここで直面することになる。さあ、目を大きく開いて、それを真正面から受け止めようではないか!

■上映作品
『チャイナ・ゲイト』 日本初公開
1957年/アメリカ/97分/BW/シネマスコープ/出演:ジーン・バリー、アンジー・ディッキンソン、ナット・キング・コールほか
『シ ョック集団』
1963年/アメリカ/101分/BW(パートカラー)/1.78:1/出演:ピーター・ブレック、コンスタンス・タワーズ、ジーン・エヴァンスほか
『裸のキッス』
1964年/アメリカ/91分/BW/1.78:1/出演:コンスタンス・タワーズ、アンソニー・アイスリー、マイケル・ダンテほか
『ストリート・オブ・ノー・リターン』
1989年/フランス゠ポルトガル/93分/カラー/1.85:1/出演:キース・キャラダイン、ヴァレンティーナ・ヴァーガス、ビル・デュークほか
『ベートーヴェン通りの死んだ鳩 〈ディレクターズカット版〉』
1972年/西ドイツ/123分/カラー/スタンダード/出演:グレン・コーベット、クリスタ・ラング、アントン・ディフリンクほか

※各作品の詳細はチラシPDFをご覧ください

監督:サミュエル・フラー
配給:boid

  • 公式サイト

    http://www.boid-s.com

  • 公開日

    2/20(土)~3/4(金) 2週間特集上映

  • 上映時間

    2月20日(土) 14:40『ショック集団』/16:50『ストリート・オブ・ノー・リターン』/19:00『チャイナ・ゲイト』
    2月21日(日) 14:40『チャイナ・ゲイト』/16:50『ベートーヴェン通りの死んだ鳩』/19:00『裸のキッス』
    2月22日(月) 14:40『ショック集団』/16:50『チャイナ・ゲイト』/19:00『裸のキッス』
    2月23日(火) 14:40『裸のキッス』/16:50『ショック集団』/19:00『チャイナ・ゲイト』
    2月24日(水) 14:40『チャイナ・ゲイト』/16:50『ショック集団』/19:00『裸のキッス』
    2月25日(木) 14:40『裸のキッス』/16:50『チャイナ・ゲイト』/19:00『ショック集団』
    2月26日(金) 14:40『ショック集団』/16:50『チャイナ・ゲイト』/19:00『裸のキッス』
    2月27日(土) 14:40『裸のキッス』/16:50『ショック集団』/19:00『チャイナ・ゲイト』
    2月28日(日) 14:40『チャイナ・ゲイト』/16:50『裸のキッス』/19:00『ショック集団』
    2月29日(月) 14:40『ショック集団』/16:50『チャイナ・ゲイト』/19:00『裸のキッス』
    3月1日(火) 14:40『裸のキッス』/16:50『ショック集団』/19:00『チャイナ・ゲイト』
    3月2日(水) 14:40『チャイナ・ゲイト』/16:50『裸のキッス』/19:00『ショック集団』
    3月3日(木) 14:40『ショック集団』/16:50『チャイナ・ゲイト』/19:00『裸のキッス』
    3月4日(金) 14:40『裸のキッス』/16:50『ショック集団』/19:00『チャイナ・ゲイト』

  • 入場料金

    一般1500円/学生1300円/会員・シニア1100円/高校生800円

  • イベント情報

TOP