ユーロスペース

オンラインチケット

トップページ > 野球部員、演劇の舞台に立つ!

野球部員、演劇の舞台に立つ!

2月24日(土)公開

甲子園への道なかば―なぜ3人の野球部員は演劇部へ?
実話の原作をもとに構想10年!大人と若者をつなぐ青春のメッセージ!

野球部員、演劇の舞台に立つ!

(c)2017映画「野球部員、演劇の舞台に立つ!」製作・配給委員会/京映アーツ/コチ・プラン・ピクチャーズ

福岡県南部の強豪・八女北高校野球部。チーム内での熾烈なポジション争いを繰り広げながら、春の選抜甲子園出場を目指し日夜猛練習に励んでいた。だが、まさかの敗退に、チーム内はギクシャクし始めていた。そんな折り、エースの望月ら中心選手は突然、監督から演劇部に参加するよう命令される。反発する野球部員たち。一方の演劇部でも野球部員の突然の参加に不満が爆発する。課せられた舞台の演目はボクシングのチャンピオンを目指す若者の物語り。厳しい演技指導に戸惑う望月たち。夏の甲子園予選突破に向けて練習に専念したい彼らだったが、あることがきっかけで、先輩たちが経験した哀しい傷跡を知ることに…。

竹島由美子の実話原作をもとに構想10年、ベテラン中山節夫監督がメガフォンを取り、ついに待望の映画化。いまを生きる若者の心に沸き上がる不安、希望、熱い思い、そんな彼らを精一杯理解して応援している大人たちとの絆を、瑞々しい映像で描いている。主演の望月には渡辺佑太朗が抜擢され、高校生役を体当たりの演技で熱演。その他、舟津大地、川籠石駿平、柴田杏花など、明日の映画界を担う若手のホープが勢揃い。加えて林遣都、宇梶剛士、宮崎美子らの芸達者たちがガッチリと脇を固め、観る者に感動を呼ぶ青春のメッセージを伝えている。

監督:中山節夫/出演:渡辺佑太朗、舟津大地、川籠石駿平、山田慎覇、柴田杏花
2017年/日本/102分/アメリカンビスタサイズ/5.1ch/カラー

  • 予告編

  • 公式サイト

    http://yakyubuin-vs-engekibuin.com/

  • 公開日

    3月9日(金)まで

  • 上映時間

    2月24日(土) 9:50/12:20/14:30/16:40
    2月25日(日)~3月9日(金) 10:10/12:20/14:30/16:40

  • 入場料金

    一般1800円/大学・専門学校生1400円/会員・シニア1200円/高校生800円/中学生以下500円

  • イベント情報

    ■初日舞台挨拶
    2月24日(土) 9:50の回上映前 ゲスト:渡辺佑太朗さん、舟津大地さん、川籠石駿平さん、山田慎覇さん、柴田杏花さん、林遣都さん、宮崎美子さん、中山節夫監督

TOP