ユーロスペース

オンラインチケット

トップページ > リバースダイアリー

リバースダイアリー

5月26日(土)公開

「ロンドンフィルムアワード」長編作品賞ほか、海外映画祭4冠!
視点とともに感情が激変する、予測不能のサスペンス・ラヴストーリー!!

リバースダイアリー

©CiNEAST

小説家を志すもゴーストライターをしている白石理⼈が、少し風変わりな⼥優志望の⼥性、本田沙紀と出会う。白石は彼女の日記から、その出会いが偶然ではなかったことを知る。ある飛行機事故によって結び付けられた2⼈はやがて、お互いに影響を与え合いながら、偽りなき自分と向き合い始める…。

映画作家・園田新が「Wiz/Out」以来となる、自身のオリジナル脚本を映画化。監督みずから製作全般を兼務した、インディペンデントスピリット溢れる映画である。主演は「うつろいの標本箱」などの映画や舞台で活躍する小川ゲン、ヒロインとして「枝葉のこと」など出演作の公開が続く新井郁が、長編映画初主演を果たす。劇中で重要な役割を担うヒロインの妹役に小野まりえほか、赤染萌、平吹正名、綱島恵里香など個性的な俳優たちが脇を固める。撮影監督には、「CSIマイアミ」など⼤ヒット海外ドラマのカメラマンとしてハリウッドで活躍するトム・シュナイトを迎え、既存の日本映画とは異なる無国籍な映像世界を創り出している。またテレビドラマ「逃げるは恥だが役に⽴つ」などの劇伴を手掛ける末廣健⼀郎が⾳楽監督として参加し、映像と⼀体となったサウンドトラックに仕上がっている。

愛を求めるがゆえに、どうしようもない衝動に突き動かされる登場⼈物たちの感情が複雑に絡み合うストーリー。視点の変化とともに映画のジャンルは、ラブストーリーからサスペンスに変化し、やがてスリラーにまで変貌する。日記をめくるように過去と現在を行き来し、ジャンルの枠を超えながら進む、映画でしか表現できない映画体験を追求した作品である。

監督:園田新/出演:小川ゲン、新井郁
宣伝協力:ブラウニー
2017年/日本/99分/シネマスコープ/配給:CiNEAST

TOP