ユーロスペース

オンラインチケット購入

トップページ > 13回の新月のある年に

13回の新月のある年に

10月27日(土)公開

物質的欲望の充足、無限の絶望の終焉。魂の破滅へ―。
ニュー・ジャーマン・シネマの鬼才ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーが70年代の終わりに放った破格の傑作。

13回の新月のある年に

©2015 STUDIOCANAL GmbH. All Rights reserved.

7年おきに来る「太陰年」に、新月が13回巡る年が重なると、なす術もなく破滅する者が幾人も現れる―。エルヴィラは男性から女性へと性転換をした。男装して街を彷徨い、男娼を求めるエルヴィラの「性」。愛への憧憬と不安。孤独。パートナーとの別れ、離別した妻子との対話、幼少期を過ごした修道院のシスターが語る出生の秘密、性転換手術を促した男アントン・ザイツとの再会…、エルヴィラの最期の5日間。原案・製作・脚本・監督・撮影・美術・編集をファスビンダー自身が手掛けた。様々なイメージがセンセーショナルに提示される。ファスビンダー、最大の「問題作」。

監督:ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー/出演:フォルカー・シュペングラー、イングリット・カーフェン、ゴットフリート・ヨーンほか
1978年/西ドイツ/124分/DCP

  • 公開日

  • 上映時間

  • 入場料金

  • 前売券情報

  • イベント情報

TOP