ユーロスペース

オンラインチケット購入

トップページ > 岡本太郎の沖縄

岡本太郎の沖縄

1月19日(土)公開

「一つの恋のようなものだった。」
もう一度、太郎と沖縄を彷徨う旅に出る。

岡本太郎の沖縄

岡本太郎が沖縄に来たきっかけは、「日本とは何か?」に答えを出す「日本再発見」の旅だった。日本中を旅して廻り、その旅の最後にぶつかったのが、沖縄だったのだ。「それは私にとって、ひとつの『恋』のようなものだった」という。
岡本太郎は、全身全霊を「沖縄」にぶつけた!「いいねぇ!いいねぇ!見ろよ。凄いじゃないか!」を連発しながら、夢中でシャッターを切った岡本太郎。
「沖縄の中にこそ、失われた日本がある」「沖縄で、私は自分自身を再発見した」。岡本太郎は、約60年前にそう言い切った。それほどまで太郎が惚れ込んだのは、日本中の旅で‘沖縄だけだった‘太郎の沖縄とは、一体なんだったのか?今の沖縄と、太郎の沖縄はつながっているのか?あるいはもう、繋がっていないのか・・。それを確かめにゆく、ドキュメンタリー映画である。太郎は、沖縄でなにをみて何を感じとったのか?再び太郎と同じ沖縄を歩くたびに出る。

監督:葛山喜久/語り:井浦新 
2018年/日本/DCP/120分/配給:シンプルモンク

  • 予告編

  • 公式サイト

    http://okamoto-taro.okinawa/

  • 公開日

  • 上映時間

    11:00
    ※1月26日(土)のみ10:40

  • 入場料金

  • イベント情報

TOP