ユーロスペース

オンラインチケット購入

トップページ > スザンヌ、16歳

スザンヌ、16歳

8月21日(土)公開

スニーカーと生意気な白いシャツ… 夏がはじまる
2000年生まれの瑞々しい感性がほとばしる。超新鋭スザンヌ・ランドンが描く、ヒリヒリとした思春期と甘酸っぱい恋物語。

スザンヌ、16歳

スザンヌは16歳。同年代の友人たちに退屈している。恋に憧れはあるけれど、学校の男の子たちが魅力的とは思えない。ある日彼女は、劇場の前で年の離れた舞台俳優のラファエルと出会う。彼もまた繰り返される舞台や仲間たちとの付き合いに退屈していた。そんな二人はすぐに恋に落ちる。けれどスザンヌは、彼に夢中になればなるほど、不安にもなりはじめる。自分が思い描いていた“16歳の時”が、どこかに消えていってしまいそうで…。

2020年カンヌ国際映画祭。史上2度目の開催中止により新設された「オフィシャルセレクション」に選定された一本の映画が大きな話題を呼んだ。二十歳の超新鋭スザンヌ・ランドンが脚本、監督、主演を務めた本作『スザンヌ、16歳』。彼女が脚本を書いたのは15歳のとき。パリ・モンマルトルを舞台に高校生が年の離れた大人の男性に恋をする「ひと夏の物語」には、当時、誰にも打ち明けることのできなかったスザンヌ自身の思春期の憂うつや恋愛への憧れが描かれた。映画制作に着手したのは、19歳。主演俳優として複雑でアンバランスな少女を体現し、監督としてその繊細さを魅力をみずみずしくスクリーンに映し出した。この若き才能に惹きつけられ集結したのは、アルノー・ヴァロワ(『BPMビート・パー・ミニット』)やフレデリック・ピエロ(『おもかげ』)ほか、コメディ・フランセーズの役者など実力派俳優たち。音楽は、ヴィクトワール賞の最優秀アルバム賞を受賞したこともあるシンガー・ソングライター、ヴァンサン・ドレルムが手がける。ダンスを介した男女のやり取り、現代演劇のインサート、映画、文学、舞台、音楽といったあらゆるカルチャーの名作へのオマージュ。新世代のしなやかで鋭い感性によって紡がれた物語。時代を超えて誰の心にも通じる普遍性と斬新さをあわせ持つ、まったく新しいフランス映画がついに日本公開!

監督・脚本: スザンヌ・ランドン/出演:スザンヌ・ランドン、アルノー・ヴァロワ、フレデリック・ピエロ、フロランス・ヴィアラ、レベッカ・マルデール
2020年/フランス/77分/配給:太秦、ノーム

TOP